FC2ブログ
2019 / 05
≪ 2019 / 04 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2019 / 06 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交響曲第13番

第3楽章の総譜を公開します。

暫定版です。

こちらからどうぞ。




スポンサーサイト

交響曲第13番

第2楽章の総譜を公開します。

暫定版です。

こちらからどうぞ。




これ

FC2だけど

だいじょうぶか?



交響曲第13番の第1楽章完成です。

暫定版スコアを公開します。


   総譜のページ






私自信が交響曲作曲(アマチュアの領域ですが)に携わっているから
避けて通りにくい話題ですので少しだけ見解を・・・

何かと話題になっている佐村河内氏騒動だけど、
要は、あれだ。
東映の「八手三郎」と同じと考えればいいんじゃなかろうか。

八手三郎というのは、東映特撮番組の共同ペンネームで実在しない人物だそうだ。
「佐村河内守」という全聾の作曲者ってのも佐村河内氏と新垣隆氏の共同ペンネームだと思えばいい。
ただちょっと違うのは、ぺンネームを使っている中の人と共同ペンネームである「佐村河内守」が同じ名前だってこと。
そう考えれば「全聾の作曲家佐村河内守」が「交響曲第1番HIROSHIMA」を作曲したということに抵抗がなくなる。

JPOPとかでもあるじゃないですか、
実在しない人物の名義(たとえばドラマの登場人物名とか)でCD出しちゃってるやつ。

ドラマの主人公だとその人物設定は、ドラマの中の設定ってことでしょう?


だったらさ、
全聾の作曲家佐村河内守がいて、その人が「交響曲第1番HIROSHIMA」を作曲したっていう設定があって、「交響曲第1番HIROSHIMA」は、実在するけど、「全聾の作曲家佐村河内守」って人は、実在しないんだって。
件の佐村河内氏がそれを演じて新垣氏が作曲の部分を受け持ってたって思えばいいじゃん。

全聾の作曲家って設定がいいか悪いかは、別としてという前提でね。


ともあれ「交響曲第1番HIROSHIMA」は、音楽として実在するし、CDやDVDもあるわけで本当にこの曲を気に入った人が今後生演奏で聴ける機会が少なくなってしまったことは、間違いないと思う。

かくいう私もこの「交響曲第1番HIROSHIMA」って曲は、曲自体に評価が大きく分かれているけど嫌いな曲じゃない。むしろ好きな曲の部類に入るです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。